ごあいさつ

はじめまして

キャットシッターあいのホームページにご訪問いただきありがとうございます。
動物取扱責任者の山中有紀と申します。

小さな三毛猫・あいちゃんとの出会いが私をキャットシッターへと導きました。
ずっと動物との暮らしに縁がなく、迷子の子猫を目の前に、ほんとうにこの子の一生に責任が持てるだろうかと悩みました。
そんな人間の気持ちはおかまいなしに、部屋の中を探検し遊び、隣に寄り添って眠るあいちゃん。
あっという間にとりこになっていました。

猫との暮らしを勉強するため、たくさん読んだ本の中で「キャットシッター」という仕事を知り、猫の気持ちを尊重して元気に働き、楽しくシッターさんとお留守番する猫さんたちの姿に魅せられ、いつかキャットシッターになりたいと漠然とした気持ちが心に芽生えていました。

横浜市の福祉保健センターで障害者福祉相談員として働いていましたがやりがいのある反面、公務員として福祉を進めていくことに疑問や限界を感じるようになっていきました。40歳が近づいてくる中で、この先どう生きていったらいいのか迷い、私の夢ってなんだろうと振り返ったときに「キャットシッターになりたい」が心の片隅でほんのり息づいていたのでした。
友人に話したときに「これからは猫のワーカーさんになるんだね」といわれ、これまでの経験を基に猫さんのために働くことができるのだと霧が晴れたように思えたのです。

そして、キャットシッター養成講座を受講し、2009年12月にキャットシッターあいを開業いたしました。
愛猫あいちゃんの名前は「誰からも愛されるように」と名付けました。
「キャットシッターあい」にはこれまでたくさんいただいた愛に恩返しし、愛の小さな架け橋を作っていきたいとの 思いをこめました。猫のように「しなやかに、自由自在」をモットーに、日々精進してまいります。
どうぞ末永くよろしくお願いします。
                           
藤沢のキャットシッターあい

山中有紀
CSなんりキャットシッター養成講座修了
愛玩動物飼養管理士
違う世界を現実のように感じさせる才能がすばらしい
作家・栗本薫と女優・樹里咲穂さんが大好き

家族の紹介

藤沢の猫専門ペットシッター、キャットシッターあい

あいちゃん
1999年横浜市泉区生まれ

3ヶ月のときに大猫に背中をかまれ重傷を負うが後遺症も残らず回復。
8ヶ月、お散歩中にバイクに驚き逃走。行方不明になる。
ペット探偵さんにもお手伝いいただき10日後に発見され帰宅。
その後は室内生活となっておだやかな日々。
かつお節とのりが大好物。
美しい鼻筋がチャームポイント。

2020年3月虹の橋を渡り天使になりました。

藤沢の猫専門ペットシッター、キャットシッターあい

さらちゃん
2017年4月横浜市磯子区生まれ

ご家族が亡くなりご飯をくれる人が通う中、兄弟猫5匹だけで生活していたところを保護。
磯子区のねこの会の譲渡会で里親さんを待っていました。
2代目店長としてスカウト。
クールなマイペース女子かと思いきや、おしゃべりでベタベタの甘えっ子。
すみっこフリークで狭いところを見つけると入らずにはいられないチャレンジャー。

Copyright© キャットシッターあい , 2020 All Rights Reserved.